JOURNEY ~愛と欲望のふぁんとん部屋~
phanton.exblog.jp

静岡在住サザンの好きな新米夫婦の日々徒然
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

☆ご訪問ありがとうございます☆
:Total
:Yesterday
:Today

BlogPetのKeisuke
移転しました(暫定)


keisukeがこちらで日記を書き始めました。どうぞ見に来てね!




「rei-note」様
からお借りしています。
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
IKEA家具のことならお..
from Witch House
今日の1曲:WAO!(ユ..
from 5point's TALK
お正月の準備
from ウエストーサカイ
ギターでトレモロ演奏法
from 音楽の世界はすばらしい
岩本えり子
from みるくの出来事
Summer DeLeo..
from Summer DeLeon ..
これくらい 知ってるよね..
from 無料 情報!
恋愛結婚テクニック
from 恋愛結婚テクニック
幕張メッセ cdtv
from 松井秀喜 ヤンキース 
アソシア新横浜
from アソシア新横浜
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
新しいシングルに寄せて
ニューシングル収録曲の概要が公式発表としてほぼ出揃った。


ピースとハイライトでは近隣国との関係性について

栄光の男では日本人へのエール

蛍では平和への祈り

※残り1曲は原坊作詞の作品


それぞれがモチーフ、題材となっているとのこと。


今回のシングルはぐっと社会派なイメージになりそうだ。

新しいサザン。
無期限活動休止から単に復活した訳ではなく、今までの

『夏、海、恋、サザン』

という『一般のイメージ』を変えて生まれ変わる。

『サザンと桑田佳祐ソロ名義』

という『ファンのイメージ』も変えて生まれ変わる。


・キラーストリートのアルバムとそのあとのツアーで、サザンとしてやり尽くした感があった

・キラスト後の流れの中で、このままサザンを続けていいのか?と思った

これは5年前の無期限活動休止に関して夜遊びで語った桑田さんの言葉。


ここで少し横道に逸れるが、私はデビュー33周年の日に東京FMで行われた桑田さんの生歌ライブに臨席(参戦…と綴ってみたものの、このライブに関しては様々な背景もありしっくり来ず、この言葉を使います。)させて頂いている。

ライブでは原坊と弘さんは一部曲にも参加していた。私はデビューの日だから挨拶だけでもムクちゃんと毛ガニさんが来るのでは、と内心かなり期待していた。

というのも数ヶ月前にはチームアミューズでサザンの5人が一同に介して映像の撮影に臨んでいたからだ。

だが、2011年6月25日、5人全員揃う姿は無かった。

ここで、サザンの楽曲としての方向性だけでは無くメンバー間の温度差がやはり大きいのか…と一人邪推をし、サザン復活を期待して良いのか更に深い迷宮に入り込んでしまった。

(ここの下りは前回の投稿では控えさせて頂きました。邪推であって欲しいとずっと望んでいたし、公に言えないと思っていましたので…また周年の日の出来事ゆえ、周年だからと言って期待してはならないという思考も生まれてしまいました。)


でも2013年の現在(いま)、この5年の日本を取り巻く環境の変化の中で、サザンがこの着地点で存在する事は、現時点でベストな形と言えるのではないか。

桑田さんも壮大なオファー(企業理念や戦争が題材の映画)を受け、それをしっかりとサザンとして結実させている。

色んな垣根を越えて桑田さんがもしかしたらあるべきままの姿でいられるのではないか、と、ふと思った。


きっとこれから先もサザンはまた変わる事に挑むと思う。

私は35年間、ずっとファンであるのに近視眼的にいつも何かを見失いがちだ。

ここまでのビッグバンドになったのが今でもふと信じられない瞬間がある。

でも節目節目には挑戦するサザンがあった。だからこそ第一線でずっと支持され、これだけのファンを獲得して来たのであると思う。

今回、シングルでここまで遂げた事は1980年のFIVE ROCK SHOWに近い変革だと個人的には感じる。

でもあの時よりも肩の力が抜けているように思える。


6月25日まで今までになく秘密裏に進められて来たサザン。

30周年ライブ前後は『鶴の恩返し』を取り入れていたが、夜遊びを5週休んだり、6月24日まで明かさず黙々と丁寧に音や構想を紡いでいたのはまさに『鶴の恩返し』なのではないだろうか。

その姿に桑田さんがサザンに抱いている愛情の深さを感じるし、それは同時にサザンファンへの愛情でもあるように感じる。

そして、これからも大丈夫だと確信が持てる事が何より嬉しい。


byつま
[PR]
# by phanton | 2013-07-12 09:30 | サザンなお話し
ありがとう!35周年と・・・
サザンオールスターズデビュー35周年となりました!

そして…ついに復活宣言。


今日は書き残しておかなきゃ!
と、投稿の仕方もすっかり忘れてしまっているエキサイトブログに向かっています。


2008年からのこの5年間

無期限活動休止という事態に自分の心の落とし所がいつまでも定まらず、桑田さんの一言一言を深読みしては全てをわかったような気になって向き合えないまま、いつしか心の奥に「サザン」という部屋を作って硬い扉で閉ざしてしまっていたようです。

この5年桑田さんを取り巻く環境にも色々な変化がありました。

病に倒れた時、これから先、ステージに立つ事が出来るのだろうか、
ハードなステージのサザンなんて絶対に無理だ、
いや無理をして欲しくない。

だからもうサザンの活動再開を望むのはやめようと、この時から一層、胸の奥にある扉が頑丈になってしまったのかもしれません。


Twitterでの「サザン復活して欲しいね!」という声に心の底からYesと言えない自分がいました。


6月15日の夜遊びでの「大事なお話しがあります」という発言から(この1週間もあれやこれや考えて)
翌週の「嘘ついてました。でも大事なお話しって…え?」という流れ

24日午後にアップされたyahooトップバナーをクリックしてからTwitterを通じて刻々とCM等の様々な情報が流れ込んで来て、夜半過ぎには復活を謳う新聞広告の画像までもが目の前に現れます。

どういう事なんだ???

『こんな時、どういう顔をすればいいのかわからないの』

まさにこのセリフの通りでした。

早くも喜んでいる仲間を横目に、私はまだ気持ちの整理ができない。
受け答えができない…。

なんだろう、この気持ちは?と焦りが迫り来る。
私はなんなの?桑田さんが、サザンが好きじゃないの??と。


空が白み始める頃ネットでも情報が正式に公開されました。

5人揃った笑顔のスチール写真、
そして…トレーラー動画。

  ……!!!

この動画を見た時、全ての想いが解けて流れ出て、心の奥にしまい込んでいた「サザン」に色の付いた世界が戻り、暖かな鼓動が蘇って来るのがわかりました。

そして初めて涙が堰を切ったように流れ出しました。

やっと心の奥の扉の鍵が見つかったのです。

「この愛しい5人が微笑み合っている、それだけでいい」


各ワイドショーで流れるサザンの映像を見て、言葉に出して言えなかったけど、

私はずっとずっとサザンを待っていたんだ、

欲していたんだ…

という気持ちがはっきりとわかりました。


自分の臆病さや小ささが恥ずかしくなってしまうけど、もう再び逢う事ができないと宣言された時に、傷付くのが怖くてたまらなくて自分をごまかして、気持ちを偽っていたのだと思います。


この「サザン」こそが、5年前に預かった「屋号」なのだと思います。
こんな預かり方をしてしまった事を深くお詫びしたいです。

今はどの曲を聴いても愛おしくて涙が出てしまうので(まだ刺激が強いようです)リハビリしなきゃという感じですが、ライブでは思いっきり泣いてサザンをいっぱいに浴びてきたいと思います。

35年間、本当にありがとう。
これからもよろしくお願いします!

byつま
c0040221_21432371.jpg

[PR]
# by phanton | 2013-06-25 21:50 | サザンなお話し
2度目の宮城4
岡田サテライトへはかなりの人数が派遣されるので、大型バスで移動となりました。

岡田小の近くにあるのですが、小学校の周りは確かに震災の爪痕が…。

岡田サテライトは、長屋風の民家が3軒ある、ベースキャンプのような所でした。
さらにスタッフの方はちょっと個性的な印象で、なるほど…と思う部分も。

そしてハエが結構飛んでました。

ここでさらにマッチング。
二つの案件があり、宮城野区岡田の畑での作業と若林区の倉庫内の片付け等。

宮城野区の現場へは自転車で、若林区の現場はワゴン車で移動でしたが、
もう一度若林へ行きたかったので、若林区の案件を希望しました。

Kさんは最初は岡田の方を志願していたのですが、自転車での移動に不安があるとのことで
若林区の案件でまたまたご一緒していただく事になりました。

メンバー構成は男性5名、女性5名。

ワゴン車は、また東部道路を超えた海側の道を進みます。

まだまだ撤去しきれない、瓦礫、車、家、松の木がそこにありました。


大きなお宅に到着しましたが、家の前の小さな神社は傾き、
家の前の道には処分するものの山。

お宅の外観は特に破損個所は見受けられないものの、
屋根に近いトヨに沢山のごみが付着しており、そこまでの高さの津波に見舞われた事がわかります。

そして今日の作業は家主さんの希望としては裏庭の木の処分(チェーンソーによる処理)もあったようなのですが、
仙台市のセンターではチェーンソーでの作業はお断りしているらしく、
工具などが収められている大きな倉庫の片付け作業に着手する事になりました。

荷物置き場となる場所は、作業場所よりも海側の蔵のようなスペースでしたが、
ここはまだ本格的には手が入っておらず、津波が達したと思われる高さの壁の位置には、
ゴミが付着したまま。

そして蔵の土台の組岩部分が津波で破壊され、表が見えている箇所がありました。


4か月放置されていた積って渇いた泥がそこいら中にありました。
作業に使うであろう機械、コンセントにもびっしりと泥がかぶり、
これは本当に使えるようになるのだろうか…
いや、使えるようになって欲しいという気持ちを込めて、泥を落として行きました。

そして奥の収納スペースにも泥や藁がびっしり堆積していましたが
渇いているので箒で丁寧に落として行きました。

そして今日お邪魔したお宅もトイレは外のものがかろうじて使用可。
ここも被害があったため、戸が閉まらなくなっていました。

今日はスタートが遅かったのですぐに昼食休憩へ。
居間にお邪魔する事ができましたが、水が来た痕がしっかり残っていました。


今日のメンバーは、男性は滋賀県から参加の4名の団体、
(なぜか皆さま坊主頭…と思って後で伺ったら本物のお坊さんでした)
埼玉から個人の男性1名、女性はベテランKさんと、Kさんと面識のある地元の女性3名でした。

滋賀という事で、すかさず『桑田さんのファンでdocomoの撮影場所が近江八幡で…』
という話題を振り、会話が弾みました。

お一方は、わざわざ携帯で撮影場所や秘話まで携帯で調べて教えて下さいました。

そして各地の美味しいお土産の話に発展。
地元の女性の方によると、栄太郎の生ドラとキクフクの生クリーム大福がおススメとの事。

滋賀には美味しいバームクーヘンがあるとのことで、まめ知識が増えました。


byつま
[PR]
# by phanton | 2011-08-11 14:06 | 東日本大震災
2度目の宮城3
2日目。今日から活動開始です。まずは仙台入りしないといけません。

山形駅を6:28分に出る仙山線に乗って、仙台着は7:53。
そこから仙石線に乗って、ボランティアセンターへ向かえばちょうど良い時間に着く計算です。

朝食は昨日コンビニで買っておいたサンドイッチを電車の中で。
やっぱりまだ緊張しているのか、そんなにお腹はすきません。

電車は山間部や温泉郷を通るので、のどかな田園風景が広がり
『明日へのマーチ』が良く似合い、ずっと聴いていました。

7:15を過ぎたあたりから、仙台へ通う方が増えてくるのか、
スーツ姿や制服姿の学生が多くなり、バックパッカーな井出達の私は少し気後れしました。

仙台駅もちょうど朝のラッシュ。
構内の予備知識がなかった私は一度改札を出て、コインロッカーに使わない荷物を預けました。

なぜか昨日から異様に温度が下がり、今日も気温は低いまま。
これは活動にはちょうど良い気候だ!と援軍を得て、センターに向かいました。


センター着は8:30過ぎ。今日の要請人数は110人。ちょっと少ない感じだなぁ?

そして受け付けをした後、先日ご一緒した地元のベテランボランティアさんに再会!

「間髪入れずにまたきちゃいましたぁ」と照れ笑い。

「すごいね~」と喜んで頂けたのかな?


マッチングが始まりました。
写真洗浄は後半戦でと考えていたので、見送り。
家具移動も男性限定なので見送り…。

そうこうしているうちに、今日の案件は充足とのこと。

ええ?それはちょっと勘弁です。

ただし『岡田サテライト』(支所)の方の案件がありそう、とのことで、
10時を回ってからようやく岡田の方へ行く事に決まりました。

ベテランKさんも一緒です。


byつま
[PR]
# by phanton | 2011-08-11 13:27 | 東日本大震災
2度目の宮城2
往復の足は18きっぷだから問題ないものの、宿が取れません。
長期滞在のため、あまりお金はかけられないので
カプセルかユースホステルを検討しました。

でもどうしても21日の宿が取れない…
まぁ直前になって決めたものだから仕方がないですね。

本当に血眼になって探し続けて質問掲示板で山形入りすれば?
という提案を見つけました。

そうしたら山形駅から徒歩数分の所に2980円のホテルが2か所も!
駅に近い方を押さえました。

山形から仙台は仙山線を使い1時間位の距離で、なんとかなりそうでした。
高速バスもあるのですが、酔いやすいので電車で(笑)

何か疲れてしまい準備もギリギリまで出来ず、取り急ぎ荷物をまとめて出発。

10:06に安倍川駅を出れば、山形着は21:12。
駅の窓口で18きっぷを買い電車で一路東へ向かいます。

ちょうどコパアメリカでは決勝を掛けた試合が行われていましたが…
残念ですがそれよりも大事なものが私にはありました。

TLでずっと観戦していたため、恐ろしい勢いで電池が無くなって行きましたが、
茅ケ崎に着く頃PK戦の末、決勝に進出しました。
でもロケ様は怪我…(涙)

湘南新宿ラインなので一気に宇都宮まで北上となりました。
ただ気ままに下車できないのは辛いかな?

途中、黒磯、福島、米沢で乗り換えとなりました。
流石に米沢より先はお尻が痛かった…

21:12ようやく山形に到着しました。

ホーム階段を上ると、ふと左側に…
ええええええ?桑田さんだ\(^O^)/

静岡ではすっかり見かけなくなったdocomoの桑田さんのポスターが貼られていました。

『お疲れさま~』という桑田さんの声が聞こえてきそうです。

駅から数分の今日の宿にチェックイン。
確かに古いけど、値段を考えたら大満足。

しかし駅前には何もなく、コンビニもファミマしか見つけられませんでした。

駅の反対側に行っても…何もない。
少々驚きました。

初山形は宿泊だけで寂しいですが、明日のために少しだけ早めに眠りました。


byつま
[PR]
# by phanton | 2011-07-30 10:09 | 東日本大震災
2度目の宮城1
ボランティアを終えて色々忙しくしておりながらも
沖縄病に似た感覚に襲われ、間髪いれずにダンナさまに問いかけました。

『また行きたい。できれば1ヶ月くらい…
家庭がなかったら、もう帰って来ない所だったんだけど…』

『行ってくればいいよ。俺は行けないからさ』

そうなんだ…
そうか…

本当にごめん、じゃあ行くよ!!

行ってくるよ!

7月20日から18きっぷの使用が可能になります。
それを待って出発する事に決定。

でも29日に診察があり30日はさんごのコンクール。
これには帰って来ないとだめだろうな…。

23日に名古屋でのレッスン、25日に静岡でのレッスンもキャンセルし、
どうせだったら23日と27日のベガルタ戦に行ってしまおうと、
着々と計画を進めました。


byつま
[PR]
# by phanton | 2011-07-30 09:50 | 東日本大震災
いざ仙台へ6
『宮城セキスイハイムスーパーアリーナ』がある利府の駅までは東北本線で行きますが、
次の列車は30分後…。仕方がないので、激しい雷雨の仙台駅のベンチで待ちました。

そして電車で25分位行くと駅に着きました。そこからはもうタクシーで行くしかないと…。

タクシーの運転手さんと色々お話しました。

グランディは震災後遺体安置所としてずっと使われていた事、
そして今でもまだ何名かのご遺体が安置されているとの事、
地元では取り壊されるのではといううわさが出ている事など色々教えて頂きました。

でも、桑田さんがライブを行うという事、今日発表されたんですよ、とお伝えすると、

『グランディも動き出すんだなぁ…』

と感慨深そうに仰っていました。

タクシーで10~15分位行った所に会場はあり、
確かにいまだに『遺体安置所』の看板が出ていました。

人気のほとんどない静かで厳かな佇まい…。

写真を撮る前に、まず手を合わせて黙祷。
そして写真を3枚撮りました。

本当にここに来る事が出来て良かった…という思いが溢れ出ます。

帰りのタクシーの中では、政治がらみのお話なども出て
地元の方のお話は本当にありがたいなと感じました。

またしても電車の接続が悪く少し待ちました。

仙台駅に着いて急いでお土産を買い、東北新幹線の指定を取らなくてはと列に並びましたが、
後少しの所で指定は完売。仕方がないので、自由席がある新幹線に変えました。

なんとか座れた所、Twitterには、沢山Mention であふれかえりました。
でも、たった数時間お手伝いさせて頂いただけなのに、
本当にそんなに称えられる事でもないのに…

申し訳ない思いを抱えつつ、返信を続けましたが、
次から次へとリプライが入り、東海道新幹線で静岡に着くまでの3時間強、
ずっとTwitterに向かっていました。

本当に、本当に…
一日だけでは足りるものではないのに…


家に帰り、まず自分が作業した若林区の状況を知りたくなり、
ネットで検索した所、『若林区で200~300の遺体が 3月11日』

そう言えば…Twitterで情報を拾っている時にこのニュースを見つけて
あまりの悲惨さにリツイートが出来なかった…

あれは若林区だったのか…。

そして、すぐ脇にあったのは名取川。
名取川の向こうは桑田さんも訪れた名取市でした。

名取市も甚大な被害に見舞われています。

画像も見て、被害が大きかったんだと改めて思いました。

『明日へのマーチ』を聴いたとき、
桑田さんが歌に込めた思いや折り込まれた景色が重なって
号泣してしまいました。

こんなに悲しい事ってあるんだろうか…


byつま
[PR]
# by phanton | 2011-07-30 06:56 | 東日本大震災
いざ仙台へ5
食べ終わり、時間ができると、ようやく家の周りの景色に目が行くようになり、
ふと家の向こう側を見ると、がれきの山がまだ点々と残っている事がわかりました。

そして休憩場所の上を見上げると…

!!!

…ぐにゃりと折れ曲がったベランダがかろうじてついている状態のものがそこに…
あまりに変形していたのでベランダとは気付きませんでした。

家の周りもまだ水が引いてない所もありました。

確かにここは被害が大きい地域なんだなと、ようやくおぼろげに把握できてきました。

そして持ち場に戻った時に、ようやく、作業している場所が、玄関と続く部屋である事がわかりました。

床板が外れているので、慣れていない私は、そこが居住空間である事すら理解ができなかったのです。

作業もようやくわかるようになって来ました。

床下の元となる土の上に、津波で流れてきた大量の不純物を含んだ黒い層の泥が、
厚み5センチ~7センチ程度積っています。
さらにその上に藁や木くず、普通の泥と言った層ができているので、
黒い層から上をパカッと塊を取り除くのです。

作業終了時刻は2時から2時半の間。
コツがわかっていた頃にはおしまいでしたが、暑さのためリミットはそれぐらいが妥当だと感じました。

お宅で出して頂いた冷たい麦茶と飲み物を有難く頂きました。

お話を伺うと津波は1階部分をすべて覆い、からくも2階に逃げて命は助かったそうです。
息子さんがお二人いらっしゃる老夫婦様でしたが、息子達は建設関係の仕事をしているので、
震災関連の仕事で家の事はできない、との事でした。

本当に満足行く仕上がりだったのか…何か自分の中でもやもやしたものを残してしまいました。
そして願うのは、どうかお元気でいて欲しいという事…。

道具を片付け、スイスの先生の提案により、集合写真を撮りました。
(本来は被災地でのボランティアの写真撮影は厳禁なのですが)
中学2年生の英語を担当すると言う先生は、スイスに帰って生徒にお話をしたいから、と…。

S建設の方々はさすがに建設会社だけあって、敷石の事なども教えて頂きましたが…
皆様、内勤とのことで、『力仕事は慣れてない』との事でした。
でも、皆様とても面白い方々でした。

マイクロバスがお迎えに来て、センターに向かいました。

途中、今朝先に降りたグループを乗せました。
色々お話を伺いたかったので思い切って話をしてみました。

彼は有給を使って京都からボランティアに参加。
友人が石巻にいて石巻の現状も見て来たとの事でした。
そして後2泊滞在とのこと…。各地からみなさんいらっしゃるのですね。

センターに到着すると、壁に並んで一斉に長靴の高圧洗浄(光景が面白い)。
そしてうがい液でうがいと手洗いの励行、最後に長靴の底の消毒と徹底しています。

リーダーが報告を終えて解散となりました。

仙台まではスイスからいらした先生とお話しながら行きました。


byつま
[PR]
# by phanton | 2011-07-30 04:06 | 東日本大震災
いざ仙台へ4
起床は朝5時半。
Twitterを確認すると、ものすごいニュースが飛び込んできました!!!

『桑田佳祐 9月10日、11日宮城ライブ開催決定』

夜遊びライブで桑田さんの復調をこの目で確認した私は、

『近いうちにライブがあると思う。それが宮城だったらいいよね』

と昨日お会いしたサザ友さんとそう語っていたばかりで、
しかも、それが私が仙台にいる朝にわかるなんて…

感激で胸がいっぱいになりました。
きっとこれも桑田さんからのプレゼントなのだろうと…
即座にボランティアの後、会場を見に行こうと決めました。

宮城ライブ、私は多くの東北の方に見て頂きたいので、参戦する気はまるでなく、
ライブ会場をこの目で見る事ができる!というだけで幸せをかみしめていました。

朝食もあまり入らない感じでしたが、体力つけなきゃと洋朝食をなんとか詰め込み、ホテル出発。

仙台駅から仙石線に乗り15分ほどの『小鶴新田』にある宮城野体育館・仙台市津波災害ボランティアセンターへ向かいました。

今回は水や昼食すべてを静岡から持ち込んだので荷物が重い事…。

そして電車にはそちらに向かうと思しき男性のグループもいて、
その方々について行く事にしました。

綺麗な体育館の中に、なるほどこれが…と思うボランティアセンターがありました。
申し込み用紙に記入し、待機列に並びました。

その後、作業のマッチング。
写真洗浄もありましたが、やはり現場に行き体験したい思いが大きいため見送りました。

『案件、仙台市若林区○○。屋内、床下の泥出し作業、男性5名、女性5名の依頼です』

女性5名…これなら大丈夫かも、と挙手をした所、無事メンバーに入る事ができました。
男性はS建設仙台支店の5名、女性は地元のベテランの方、スイス、沖縄、埼玉からいらした面々、そして私。

一応一通り用意した道具もこちらのセンターではほぼ用意されており、
長袖、長ズボン、昼食、携帯電話さえ用意していれば活動に参加できる事がわかりました。
便利なんだなぁ…。

現場へはマイクロバスで向かう事になりました。
バスの窓からは、やはり壊れた家屋は確認できましたが、半壊や全壊というものはありませんでした。

私達グループの他にもう一組乗車し、そのグループは東部道路の陸側のお宅で降りて行きました。

私達は東部道路を海側に超え、しばらく走りました。

広く青く草が茂る光景を横目に、川に近いあたりのお宅の前でバスは止まりました。

緊張のせいか、あまり状況把握が上手くできず、
ただ休憩場所になっているリビングの床板がかなり反り返っている事しかわかりませんでした。

そしておトイレは家のものは使えず、近くの材木店でお借りできるとの事でした。

地元のボランティア経験が豊富な女性の方を中心に作業が始まりました。

ある場所に通され、スコップを渡され、そこを掘って下さいとの事…

ん?最初はどの程度すくって良いのかわからなかったのですが、とりあえず、スコップを土に入れました。

その瞬間…

あまりの重みに顔がゆがみ…思ったのは…

”これは私には無理だ…”

という事でした。

無理だというのが浮かんだのですが、この無理だという感情の意味するものは、
作業自体が無理だ、という事と、
きっと私が同じような状態の被災状態だったら同じ場所に住むのを諦めて、
家を捨ててどこか遠いところへ逃避という形で逃げてしまう…

二つの意味で無理だと感じてしまいました。

泥出しのコツが上手くつかめず、足で踏み固めてしまったり、なかなか上手く行きません。
そして屋内なのにものすごく気温が高く、汗が滝のように流れ落ちて…。

上手く作業出来ているのか不安になりながらスコップを進めました。

そして10時39分頃に震度3の地震が発生。
センターから1台ラジオを持たされているので、耳を傾けたところ、
津波の心配はないとのことでした。

作業中だったせいか、揺れに全く気付きませんでした。

数回休憩を挟んだ後、ようやく昼食。ものすごく長い時間に感じました。

昼食もカロリーメイトみたいなものしか持ってこなかったので、
ぱさついた感じと緊張感でうまく喉を通らず、少ししか食べられませんでした。


byつま
[PR]
# by phanton | 2011-07-30 03:46 | 東日本大震災
いざ仙台へ3
東京駅に着くと、やはり静岡より震災を意識し、ともにガンバロウ的なフレーズを良く見かけるようになりました。

そして『がんばろう日本、つながろう日本』と装飾された東北新幹線に初乗車しました。

車窓の景色は埼玉の奥の方からすでに屋根にブルーシートがかかっている家が散見されました。
被害の範囲の広さが改めてわかりました。

仙台駅に到着する直前に仮設住宅らしきものも確認できました。

東北新幹線はとても速く2時間かからずに仙台に到着。
改札口で今回宿を手配して下さったサザ友さんと落ち合い、まずはチェックイン。

そしてホテル近くの牛タン屋さん『利久』で食事をする事になりました。
牛タンは今回食べられなくてもいいや、と諦めていただけにいきなりで嬉しかったです。

『牛タン極定食』かなりボリュームがあり、緊張感で正直味がよくわかりませんでした。
美味しかったんですけどね(苦笑)。

その後は『るーぷるバス』に乗り、仙台市内をプチ観光。
伊達政宗公の像がある仙台城跡を目的地に向かいました。

こちらのサザ友さんは東北大学の大学院生さんで優秀な好青年。
今年は宮城の教員採用試験を受験し、合格したら大学院をおやめになるとの事でした。

バスは途中から東北大学ばかりを周遊。なんて大きな大学なんだ!とひたすら驚くばかり。

到着した伊達政宗公像前には「おもてなし隊」なる方がいらして、
サッカー談議で終わってしまい(笑)、次に出会ったおもてなし隊はビジュアル系でカッコ良かったです。

取り急ぎ仙台駅まで戻り、サザ友さんお勧めの「ずんだ茶寮」の「ずんだシェイク」をテイクアウトし、ユアスタへ向かいました。

ここまで…仙台駅付近はもうかなり元気だなと感じました。

ユアスタに到着し、写真を撮っていると、なじみのエスパサポさんに声を掛けられました。
そしてさらにもう2名と合流。

ゲートインして、折り鶴イベントやスタジアムコンコースをうろうろ。
ワンタッチパスに手間取って大変でしたが、次回からはアウェイ側のパスに記録すればOKということまで把握できました。

想いを巡らせていたユアスタでの初の『カントリーロード』、
アウスタでも幾度も歌った『TWISTED』、
感慨に浸る間もなくこちら側の応援も始まり、この日はいつにもまして応援を頑張りました。

試合結果は0-0。
…うん、良いと思います。

試合後、仙台の選手達がエスパルス応援席までいらしてくれてご挨拶頂き、
そして両チームによるエールの交換…感動的なシーンでした。

新幹線で東京へとんぼ返りしなければならないサポさん達と別れ、
ベガッ太くんは出て来ないのかな?と正面前に移動しました。

すると登場…、しかし…。

愛嬌のあるパルちゃんのパフォーマンスに慣れている私にとって
ベガッ太くんの立ち振舞いは衝撃的で、即座に『ベガッ太さん』であることを把握してしまいました。

なんとか突撃し、ユニにもサインを頂きました。
そして、お世話係の方が本当にお優しくて…。

明日はボランティアする予定です、とお伝えすると深く感謝の意を示されました。
…本当に頑張らないとな…

帰りの地下鉄の中、静岡ではもうすっかり見かけなくなった桑田さんのdocomoの中吊り広告を発見。
ものすごく嬉しかったです。

なでしこジャパンの試合がありましたが、ボランティア活動中に体調を悪くしてはならないので
朝まで眠る事にしました。


byつま
[PR]
# by phanton | 2011-07-30 02:57 | 東日本大震災