JOURNEY ~愛と欲望のふぁんとん部屋~
phanton.exblog.jp

静岡在住サザンの好きな新米夫婦の日々徒然
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

☆ご訪問ありがとうございます☆
:Total
:Yesterday
:Today

BlogPetのKeisuke
移転しました(暫定)


keisukeがこちらで日記を書き始めました。どうぞ見に来てね!




「rei-note」様
からお借りしています。
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
IKEA家具のことならお..
from Witch House
今日の1曲:WAO!(ユ..
from 5point's TALK
お正月の準備
from ウエストーサカイ
ギターでトレモロ演奏法
from 音楽の世界はすばらしい
岩本えり子
from みるくの出来事
Summer DeLeo..
from Summer DeLeon ..
これくらい 知ってるよね..
from 無料 情報!
恋愛結婚テクニック
from 恋愛結婚テクニック
幕張メッセ cdtv
from 松井秀喜 ヤンキース 
アソシア新横浜
from アソシア新横浜
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
いざ仙台へ5
食べ終わり、時間ができると、ようやく家の周りの景色に目が行くようになり、
ふと家の向こう側を見ると、がれきの山がまだ点々と残っている事がわかりました。

そして休憩場所の上を見上げると…

!!!

…ぐにゃりと折れ曲がったベランダがかろうじてついている状態のものがそこに…
あまりに変形していたのでベランダとは気付きませんでした。

家の周りもまだ水が引いてない所もありました。

確かにここは被害が大きい地域なんだなと、ようやくおぼろげに把握できてきました。

そして持ち場に戻った時に、ようやく、作業している場所が、玄関と続く部屋である事がわかりました。

床板が外れているので、慣れていない私は、そこが居住空間である事すら理解ができなかったのです。

作業もようやくわかるようになって来ました。

床下の元となる土の上に、津波で流れてきた大量の不純物を含んだ黒い層の泥が、
厚み5センチ~7センチ程度積っています。
さらにその上に藁や木くず、普通の泥と言った層ができているので、
黒い層から上をパカッと塊を取り除くのです。

作業終了時刻は2時から2時半の間。
コツがわかっていた頃にはおしまいでしたが、暑さのためリミットはそれぐらいが妥当だと感じました。

お宅で出して頂いた冷たい麦茶と飲み物を有難く頂きました。

お話を伺うと津波は1階部分をすべて覆い、からくも2階に逃げて命は助かったそうです。
息子さんがお二人いらっしゃる老夫婦様でしたが、息子達は建設関係の仕事をしているので、
震災関連の仕事で家の事はできない、との事でした。

本当に満足行く仕上がりだったのか…何か自分の中でもやもやしたものを残してしまいました。
そして願うのは、どうかお元気でいて欲しいという事…。

道具を片付け、スイスの先生の提案により、集合写真を撮りました。
(本来は被災地でのボランティアの写真撮影は厳禁なのですが)
中学2年生の英語を担当すると言う先生は、スイスに帰って生徒にお話をしたいから、と…。

S建設の方々はさすがに建設会社だけあって、敷石の事なども教えて頂きましたが…
皆様、内勤とのことで、『力仕事は慣れてない』との事でした。
でも、皆様とても面白い方々でした。

マイクロバスがお迎えに来て、センターに向かいました。

途中、今朝先に降りたグループを乗せました。
色々お話を伺いたかったので思い切って話をしてみました。

彼は有給を使って京都からボランティアに参加。
友人が石巻にいて石巻の現状も見て来たとの事でした。
そして後2泊滞在とのこと…。各地からみなさんいらっしゃるのですね。

センターに到着すると、壁に並んで一斉に長靴の高圧洗浄(光景が面白い)。
そしてうがい液でうがいと手洗いの励行、最後に長靴の底の消毒と徹底しています。

リーダーが報告を終えて解散となりました。

仙台まではスイスからいらした先生とお話しながら行きました。


byつま
[PR]
by phanton | 2011-07-30 04:06 | 東日本大震災