JOURNEY ~愛と欲望のふぁんとん部屋~
phanton.exblog.jp

静岡在住サザンの好きな新米夫婦の日々徒然
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

☆ご訪問ありがとうございます☆
:Total
:Yesterday
:Today

BlogPetのKeisuke
移転しました(暫定)


keisukeがこちらで日記を書き始めました。どうぞ見に来てね!




「rei-note」様
からお借りしています。
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
IKEA家具のことならお..
from Witch House
今日の1曲:WAO!(ユ..
from 5point's TALK
お正月の準備
from ウエストーサカイ
ギターでトレモロ演奏法
from 音楽の世界はすばらしい
岩本えり子
from みるくの出来事
Summer DeLeo..
from Summer DeLeon ..
これくらい 知ってるよね..
from 無料 情報!
恋愛結婚テクニック
from 恋愛結婚テクニック
幕張メッセ cdtv
from 松井秀喜 ヤンキース 
アソシア新横浜
from アソシア新横浜
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:妻の実験室(レシピ)( 13 )
マロンロゼッタ
今日27日はお義母さんの誕生日

日頃これ以上ないって程、お世話になっているので、心を込めてパンを作りました

お義母さんは栗が大好き

なので、マロンロゼッタにしました

ロゼッタは「小さなバラ」という意味らしいです

パンの中にも細かい栗甘露煮が入っています
c0040221_0365387.jpg


byつま
[PR]
by phanton | 2008-01-27 00:37 | 妻の実験室(レシピ)
我が家のクリスマスメニュー 2005年版
かなりやっつけ仕事になってしまいましたが、今回は土曜日ということもあり、
去年よりは少しだけ時間に余裕がありました。

c0040221_13721.jpgc0040221_131721.jpg

 コーンスープ
 クラッカーのオードブル
   ・スモークサーモン&リーフレタスとスプラウド
   ・キャビア
   ・オレンジクリームチーズ、ハム、フルーツトマト、ひめきゅうり
   ・オレンジクリームチーズの柿ゼリーのせ
   ・合鴨スモーク
 オードブルセット
   ・テリーヌ数種類
   ・生ハム、アンチョビフィレ、スモークサーモン、合鴨スモーク
 牡蠣のグラタン
 チキンレッグの照り焼き
 ペンネパスタ(トマト&バジルソース)

クラッカーのオードブルはしずてつストアのチラシを参考にしました。
今回は、頂もののグルメ便からキャビア(本物です~~っ泣)とアンチョビを使いました。

c0040221_155046.jpgc0040221_16544.jpg

そして我が家でお馴染みのぷるみえ~るのケーキ。
今年は普通のチョコケーキがなくムースタイプのものだったので、
ムースの食感が苦手な娘にあわせて、いちごのタルトにしてみました。

カスタードクリームがたっぷりなのに、しつこくなくて、いつもながら絶品でした。

結論
『スーパーのチラシ あなどるなかれ』



byつま
[PR]
by phanton | 2005-12-24 23:01 | 妻の実験室(レシピ)
粉砕、粉砕、また粉砕
久々に実験室やってみましょう~☆

今回は2品実験☆
c0040221_23363128.jpgまず左側は、

  ・ほたて ・ツナ(昼食残り) ・ひじき(残り物) 
  ・葉にんにく(中華街土産)

を使って、顆粒XO醤で味付けしたものです。
葉にんにくは、今回初めて使いますが、
緑の部分がほんのりとにんにくの香り。
球根の部分もマイルドなにんにく。
中華風の炒め物には相性バツグンのイメージです。

どうやら、にんにく一片を植えてもできるそうなので今度栽培にトライしてみます。
残り物ばかりですが、魔法の粉、顆粒XO醤がよくまとめてくれました。


実は、ご紹介が遅れていますが、ダンナ様のお姉さんから結婚祝いにと、
フードプロセッサー&ミキサーを頂いていて、
こちらが、ま~~重宝するのなんの、大体毎日使ってます。


右側の実験結果ですが、

タレの薬味となるものを、このプロエッサーで粉砕、粉砕また粉砕です。
   ・しそ(ダンナ様実家の畑から) ・ネギ ・松の実 
   ・葉にんにく(中華街土産)の残り

こちらとソースをあわせます。
   ・しょうゆ(大さじ3) ・砂糖(大さじ2) ・酢(大さじ2) ・豆板醤(小さじ1/2)

今回の食材は、
   ・きゅうり(ダンナ様実家の畑から) ・春雨
   ・ピーマン ・にんじん ・茄子 →軽くゆがいてさます

夏の暑い時には、お酢パワーで元気回復です♪
野菜にしても、薬味にしても、

結論
『粉砕、粉砕、また粉砕で、目指せ30品目♪』

byつま
[PR]
by phanton | 2005-06-15 23:34 | 妻の実験室(レシピ)
おでんごはん
半年間近くずっと継ぎ足し継ぎ足し頂いてきた我が家のおでんも、ついに店じまいすることにしました。

暖かくなってくるたびに、これで最後と思いながら、スーパーでおダシ用のスジかたまり肉を見つけると、
つい、かごに入れてしまうんですね。
(しかもこの時期、おでん用スジかたまり肉は半額表示が多い・・・。)

牛すじベースの旨みがたっぷり出たスープの処理に一番悩んでいました。
全部飲むには塩分が多いし・・・かといって捨てるのも勿体無い、と思い・・・


ひらめきました!

「そうね、おでんごはんね」

おでんの残り汁を炊きこみご飯のダシとして使ってしまえ、と。


具は、おでんの残りを切り刻んで入れることも考えましたが
ここは一つ食感を変えてみよう!と、またチャレンジ精神が・・・(笑)。

たまたま「鶏のナンコツ」を買ってあったので、おでん具は一切使わず、
鶏ナンを具として使うことにしました。


作り方は、超簡単。
洗ったお米の上に鶏ナンを適量乗せます。
おでんの残り汁をできるだけ入れ、水加減が足りなければ、水(または日本酒)で補います。

鶏ナンは、特に下ごしらえをしない代わりに、おろし生姜を鶏ナン近くに振りまきます。
で、スイッチオン。炊き上がったら少し蒸らし、味を見て足りないようだったら塩少々を降りまぜます。


c0040221_16282981.jpgダンナ様の反応が面白かったなぁ。。。

「なんかこれ、どっかで食べたことある味なんだけど・・・何?」

半年愛でていた我が家のおでんですよ~。
c0040221_16284519.jpg最後に残った具は、人気が高かった、この方々。
(黒はんぺん&大根&筍)

このご飯には、静岡名産の「だし粉」(=おでん粉)をかけるのもいいのかもしれないですね。
(関連1,2,3

私、実はまだ「だし粉」未経験ですが、「だし粉」はイワシやサバの削り粉と青のりを
ブレンドしたものらしく、これはきっと合うに違いない!(ほんとかな・・・)
最後の味見塩をやめて、この「だし粉」のトッピングで「静岡おでんごはん」の出来上がり!
ですね。


結論
『だしを使わば、おでんを使え。静岡おでんは奥が深い。』

byつま
[PR]
by phanton | 2005-05-04 16:09 | 妻の実験室(レシピ)
豚しゃぶ明太きのこソース バジル風味
いやはや、無理やりつけたタイトルですが、ダンナ様ウケがよく、ちょっとだけご紹介。
この日、迷いに迷ってええ~~いと作ってしまったもので、まさに実験の真髄モノなんです。

c0040221_025871.jpg1.豚こま切れは、しょうがブツ切り、ネギの青い部分を入れた沸騰した湯にくぐらせ、ざるにあげ粗熱を取ります。
2.きのこ(今回はブラウンえのきの茎部分・傘に近い部分は味噌汁に使用。まいたけ)は食べやすく切り、少量の油でさっと炒め、明太子ソースをからめ、仕上げにバジルソースも加え、味を見て足りないようだったら塩こしょうします。
3.1.を皿に盛り付け、2.をかけできあがりです。

明太子ソース(キューピー和えるパスタソースシリーズ・ボトル入り)はいつも我が家にあるんです。
子供がたらこ好きで、このソースで明太子チャーハンを作ると喜んで食べるので、欠かすことができないソースになっています。ただ、パスタソースとしては、あまり使っていないんですよね。
マヨネーズベースなので、きのことは相性が良いと思います。

バジルソースは我が家特製。静岡駅パルシェでは、バジルが98円と安くて、街に行くときは買ってきます。
バジル、にんにく、オリーブオイル、松の実、塩を適当に入れ、フードプロセッサにガーッとかけて、保存してます。これにアンチョビやチーズを入れると本格的なバジルソースになるのですが、とりあえず、いつもは入れずに済ましてしまってます。隠し味的にちょこっと混ぜるようにして使ってます。
今回は、肉の匂い消し、マヨのこってり風味をピリッとしめる役目をしてくれたようです。

結論
『常備ソースは、心強い味方。アイテムを増やすと、妙味も誕生』

byつま
[PR]
by phanton | 2005-04-06 23:29 | 妻の実験室(レシピ)
豚ロールサルサ風味
毎日実験的料理を作っていますが、久々に投稿します。
豚コマが中途半端に残っていたので、ポテト、チーズ、サルサで巻いて、作りました。
味は、もういっぽ・・・かなぁ。
ポテトのほっくり感+チーズから出る水分で、辛味がかなり少なくなってしまいました。

c0040221_11292645.jpgc0040221_11294093.jpg

月末で忙しく買い物にいけず、他のおかずも、残り食材で苦肉の策テイスト。
そんな時に限って、夜、突然K氏が来訪され、うちでご飯を食べることに。
ダンナ様は晩酌しないので、ごはんのおかずものが多いのですが、
K氏はお酒を飲まれるので、きっと物足りなかったかな・・・スミマセン。
食材も、お酒もきれいさっぱり、すっきりした台所になりました~☆

結論
『サルサソースは、ディップが一番!(かも)』

byつま
[PR]
by phanton | 2005-03-31 19:00 | 妻の実験室(レシピ)
みかんゼリー×ライチ(リキュールデザート編)
ここは静岡。本当に日本有数のみかんの産地だな、と実感することが多いです。
普通に民家の庭先にみかんの木があり、たわわに実をつけていますし、
路地売りのみかんも一袋100円が相場。我が家にも、みかんが沢山あります。

c0040221_20161932.jpg先日ちょっと古くなったみかんをすべてシトラスジューサーにかけたところ、みかん汁が700ccほど採れました。
その一部をみかんゼリーにしてみました。

でも・・・何かひとひねりしてみたいんですよね・・・。
う~ん。これやってみましょう。


c0040221_2034890.jpg「DITA」というリキュールはライチのリキュールで、オレンジととても相性がよく、カクテル「ディタオレンジ」はすいすい飲めてしまいます。

ディタオレンジにしてしまうと、ペロリンとすぐ飲み干してしまいそうで勿体無い。しかもうちにはDITAがない!

ここはひとつ、先週も登場した永昌源のライチ酒で代用して、
みかんゼリーにぶっかけと行きましょう。


c0040221_20164569.jpg・・・すると、なんということでしょう。(今ビフォーアフター見ています)
大人~なデザートのできあがりです。

なんて大げさなものではないですが、後はかき混ぜて頂きます。
もちろんストレートですから少し強めです。ご注意下さいね。

結論
『ライチ酒は万能なり。それは一時期人気を博したピーチツリーの如くである。』

byつま
[PR]
by phanton | 2005-02-21 20:12 | 妻の実験室(レシピ)
XO醤×空心菜×桜えび おまけでレタス
c0040221_1226366.jpg

今日は、実験・・・ではないかな?
参考レシピはなく自分で適当にイメージだけで作っても、もう間違いない(失敗はない)でしょう~という面々を組み合わせた炒め物について、語らせて下さい。

かなり長~~くなりそうなので、続きを読んで頂ける方は、下の「続きはこちら」から進んでくださいね。

結論『XO醤は勝負チョコ、勝負下着・・・ならぬ勝負調味料である』(続きはこちら)
[PR]
by phanton | 2005-02-18 23:54 | 妻の実験室(レシピ)
バレンタインケーキ
今日はバレンタインケーキを作ってみました。
がっ、なぜか今日も時間があまりなくて、一品買い忘れたものが・・・

ここで調理場が、お馴染み実験室と化すわけです。

ケーキのスポンジにはお酒♪これがあるとないとでは風味や食感が全く違うので、
欠かせないものだったのですが・・・忘れました・・・調達・・・。

う~~ん、う~~ん・・・

はっ!・・・

しめしめ、これだっ!

c0040221_054340.jpgと取り出したのは、「永昌源」ライチ酒
新年会の残りがまだあったのです。
ええいっ!たのむ!とおもむろに左の手のひらをお椀型に変形させ、
そのくぼみにライチ酒を注ぎ込み、スポンジにパシャッ!ペタペタ。。。

まだ足りないかも。。。じゃ、もう一度・・・。
バシャバシャ・・・

そう、うちは「刷毛」もないので、手でやりました。
都合、大さじ5杯近くかなぁ・・・


c0040221_0552596.jpg結果はこちらのように。

プレーンなスポンジに、間にも何もサンドせず、ココア風味の生クリームを塗ってイチゴを飾っただけの、ほんとシンプルなものです。
(もうちょっと上手く作れるようになりたいものです・・・泣)

最初はライチの味はわからなかったのですが、食べ進めていくうちにライチの風味がとてもよく合っている事に気がつきました。


c0040221_0592072.jpg今回ケーキにまで、アドリブで実験を施してしまったわけですが、無事に食べ終えてもらうことができて本当にホッとしました。
では、大学のレポート風に。

結論
『果実酒が一本でもあると、かなり重宝しそうである。』

いやはや無事作り終えたから良かったのですが、失敗したときの為に、2つ別に市販チョコを用意していました。
最初に買ったのはまだ冷蔵庫の中で、今週中に食べたいと思います。

もう一つは、ダンナ様が大好きな「ロイズ」の生チョコシャンパーニュ。
前日の食事の時に、「え~~、今年はロイズ取り寄せてないの~?」と言われ(ジョークなんですが)、
やっぱりそうだったか・・・と思い立ち(私も食べたいし♪)、14日になって静岡まで猛ダッシュで仕入れてきた代物です。
(※この時期の限定販売品になります)

いやー、やっぱり、おいしいです!ロイズ♪

c0040221_164031.jpgc0040221_165130.jpg

byつま
[PR]
by phanton | 2005-02-14 19:00 | 妻の実験室(レシピ)
忙しいので 炊飯器deカレー
仕事も忙しく手が離せないので炊飯器でカレー作りに挑戦してみました。

じゃがいも、にんじんは少し大ぶりに切り、豚肉は一口大に。
まずフライパンでたまねぎ、肉、じゃがいも、にんじんを炒め、
火が通ってきたら分量の水+赤ワインを入れて、少し火を通しなじませます。

炊飯器の内釜にすべて流し込み、スイッチオン!
あとはキッチンから離れて仕事に専念。

30分後くらいに様子を見て、ルーをいれ混ぜます。
再び煮立ってきたら、味を見て、好みの味にアレンジ。
数分おいてできあがり!・・・という感じかな。

本当にカレーまでできちゃいました。
お肉は、この間の角煮と違って、肉自体の油脂分が少ないので硬いけれど、
繊維がほぐれて、お鍋で加熱するよりは良い感じがしました。

子供の教育上、炊飯器からカレーが出てくるのはどうかなぁ・・・と思いましたが、
結局見られちゃったなぁ。

今回多忙のため、画像はありませんっっ・・・

byつま
[PR]
by phanton | 2005-02-02 23:05 | 妻の実験室(レシピ)